事務所だより

HOME > 事務所だより > 働き方改革法案が成立しました

働き方改革法案が成立しました

2018.07.01

 6月29日働き方改革法案が成立し、労働基準法や労働契約法など8本の法律が一括改正されます。今後どのようなことが現場で起きるのかを予想してみました。

 「同一労働同一賃金」の影響。フルパートタイマーから、「今年入社した新入社員のAさんは、私よりも仕事が全くできないのに基本給は私よりも相当多くもらっています。しかもそのAさんに私が仕事を教えています。どうしてなのか教えてください」と言われたらどうしますか。これまで会社側は、「それはそうでしょう。あなたはパート、Aさんは正社員だからです。」と説明しています。今後、職務内容、職務・配置の変更、その他の事情をもって説明できないとアウトになります。単にパートタイマーと正社員のいわば「身分」の違いでは説明したことにはなりません。

 「Aさんは、正社員で全国転勤もあり、職種も特に限定していません。また新卒者として期待もあり、また今後転勤、職種変換等の負担も考慮した待遇としています。あなたと単純には比較できません。ご理解ください。」といった説明をする必要があります。

| 最新の「事務所だより」へ |