業務案内

HOME > 業務案内 > 社会保険労務士について

社会保険労務士について

社会保険労務士って?

企業経営上の4大要素「人・物・お金・情報」の中で一番重要な『人(人事労務)』に関するエキスパート として活躍します。経営効率化のため、人事・労務管理全般に関する問題点を指摘し、改善策をコンサルティングしていきます。

国家資格者だから安心です

社会保険労務士は、社会保険労務士法により国家資格を付与されています。 信頼できる相談相手です。(社会保険労務士には守秘義務が有ります。) 無資格者や経営コンサルティング会社、アウトソーシング会社が上記の業務を行うと社会保険労務士法違反となります。 国家資格者である社会保険労務士は、社会保険労務士証票・都道府県社会保険労務士会会員証など 身分を証明するものを所持しています。

業務を委託するメリット

業務を外部委託(アウトソーシング)するメリットは、コスト削減の一面だけではなく、 社内の「人材」をコア(中核)業務に集中させること(コアコンピタンス戦略)によって、 生産性や業績の向上を図ることにあります。 社会保険・労働保険に関する業務や給与計算業務等はアウトソーシングに適した業務とされています。 経営資源を有効に活用しようとお考えの経営者の皆様に最適です。

  • 事業主は、労働・社会保険の複雑な事務手続から開放されますので、企業経営に専念できます。
  • 担当の事務員を配属する必要がなくなり、人件費の節減になります。
  • 行政機関等に提出する申請書・届出書・報告書もスピーディーかつ正確に作成します。
  • 法令改正や労務管理全般に関する情報が入手しやすくなり、事業所は有利な各種給付金・助成金が利用できます。
  • それぞれの事業所に適したアドバイス・指導が受けられます。