業務案内

HOME > 業務案内 > 労働保険・社会保険の代理・代行

労働保険・社会保険の代理・代行

社会保険労務士は、労働基準法、労災保険法、 雇用保険法、健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法、 介護保険法などに基づく次の事務手続を事業主に代わりスピーディに、 しかも的確に処理いたします。

  • 申請、届出、報告、審査請求、異議申立、再審査請求
  • 休業補償、出産育児一時金・出産手当金、傷病手当金などの請求
  • 労働保険、社会保険の加入・脱退
  • 各種給付金・助成金などの請求
  • 年度更新・算定業務、帳簿書類の作成、労働保険の年度更新事務(4・5月)、社会保険の算定事務(7月)は、事務的にも、大きな負担となっています。
社会保険事務のアウトソーシングメリット
「ルーティンな事務作業」から解放されます。
社会保険事務は、誰が担当しても同じ結果を出すことが目的である「事務作業」です。
その作業に、選び抜いたエキスパート職員をあてるのは勿体ない話です。
その作業から解放し、組織を推進する本来業務に携わってもらうことが可能となります。
属人化によるリスクを削減します。
社会保険事務は専門性が高い業務なので。少人数の担当者への属人化が進む場合が多いものです。
それによって発生する次の様なリスクを回避することができます。
  1. 社会保険事務担当者が固定化する。
  2. 担当者の退職による代替要員を確保するのが困難。
  3. 長期間従事することにより、ミス・勘違いがそのまま放置される。
コスト削減
当方は、多くの企業様より社会保険事務を一手にお引き受けします。
そのためボリュームメリットが働きますので、引き替えに比較的低価格のサービスを提供できます。
また、お客様は、担当者への専門知識教育、採用管理コスト、それ以外の福利厚生費を含む様々な人件費コストなど目に見えないコストを多く削減することができます。