セミナー・講習会

HOME > セミナー・講習会 > 現場介護職員向け“人間力”向上研修講座

現場介護職員向け“人間力”向上研修講座

 地域のご利用者様・ご家族から選ばれる評判のよい介護事業所を作るためには、サービス業の本質である介護職員のレベルを上げることが必要です。

 本物の介護のプロに求められるスキルとは2つあります。1つは、ご利用者様の「からだ」のケアのための「介護のスキル」。2つ目は、ご利用者様の「こころ」のケアのための「表現のスキル」です。今後、介護事業所が他の事業所と差別化を図り生き残るためには、後者の「表現のスキル」が何よりも大切です。

 「介護のスキル」は、経験、資格等の勉強で身につけることが可能ですが、「表現のスキル」は人間力を高めなければ身につけることができません。人間力とは、職員の持つやさしい心、他人を思いやる心などを、分かりやすく具体的な「形」にし、表現をして相手に伝えるスキルのことです。どんなにすばらしい心を持っていても、それを形に表すことができなければ、心はないと同じになってしまいます。

 「すごく真心を感じました。病院からは得られなかった真心が、本当に嬉しかったです。」とご家族から感謝の手紙が届く。「送迎時の接遇がとても素晴らしかったです。感動しました。本当に心温まる光景を見せていただき、ありがとうございました。」と近所から電話をいただく・・・そんな介護現場を作りたい!とお考えの経営者には是非お勧めできる研修となっています。

 本セミナーでは、介護事業所なら誰でも目指したいと思うサービスレベルに職員を導きます。また日々忙しい介護職員向けに、1日研修ではなく、1ヶ月に1回、2時間コースを設定することで、全員がより参加しやすい研修プログラムとしました。

≪研修参加のメリット≫
 ・笑顔で明るい挨拶ができるようになります。
 ・感謝の心を持ち「ありがとう」の言葉がいっぱいの職場になります。
 ・不平や不満のようなマイナスの言葉のない、常にプラスの言葉が出てくる職場になります。
 ・「褒める」「励ます」「労をねぎらう」「存在を認める」「賛成の意を表す」
  「拍手する」「熱心に相手の話を聴く」「丁寧に教えてあげる」といった相手の
  気持ちを大切にした行動がとれるようになります。
 ・「握手する」「手を添える」「腕を組む」「手をつなぐ」「肩を組む」
  「ハグする」「ハイタッチする」といった相手との一体感を高める行動が
  とれるようになります。

研修カリキュラム

1回目
  1. これからの福祉人材に求められる3つの能力・資質
  2. 介護現場で重要なスキルとは?(キャリア段位制度の内容解説も含む)
  3. 介護現場で“はたらく”ことの意義とは?
2回目
  1. 介護サービスの質を高める人間力(スキルと能力)とは?
  2. 人間力(スキルと能力)を向上させるには?
  3. 人間関係を飛躍的に向上させるスキルとは?
3回目
  1. 人間力を向上させるために、介護現場で具体的に何を実践すればいいのか?(具体的なモデル行動の事例の紹介を含む)
  2. ご利用者様、ご家族とのよりよいコミュニケーションのための基本スキル
4回目
  1. 介護現場に必要な人間力の4つの要素
  2. 「ありがとう」がいっぱいの介護現場を作る
  3. 介護人としての氣づきを高める方法とは?
5回目
  1. プラスのストロークの実験
  2. ご利用者様の“心”に栄養を与える“介護現場におけるプラスのストローク”とは?
  3. 介護現場に生かす「自喜喜他」の考え方
       6回目
  1. 「鏡の法則」で介護現場での人間関係を築く
  2. 介護現場を活き活きさせるプラスの氣と起爆の心
  3. 研修全体を通しての感想発表
  4. まとめ

※各回とも1回2時間コースです。研修の進行上、時間の変更が生じることがあります。