人事マネジメント

HOME > 人事マネジメント > 人事・賃金設計

人事・賃金設計

貴社に一番適した、 経営者が納得のいく オーダーメードの人事賃金制度を設計し、 導入の支援をさせていただきます。

これまでの人事制度の問題点

高度成長のときに定めた人事賃金制度を引き続き適用している会社は、多くの会社で次のような問題点を抱えています。

  1. 年功序列制度の色合いが濃い
  2. 職能資格制度の評価方法のままで、成果実績の高い若い社員は不満である
  3. 評価基準は、明確になっていないし、誰もが納得いくものになっていない
  4. 社員個々の自己啓発・指導項目を組織的体系的に整備されていない
新しい人事制度のご提案

これからは低成長時代と予想されており、かつての成長は期待できなくなっています。 時流にマッチし、その会社にふさわしい、経営者が納得のいくオーダーメイドの制度を 設計します。新制度の導入をおすすめします。

新制度の考え方には、次のものがあります
役割給制度
社員の役割、ステージに要求される仕事の基準をもとに評価するものです
職務給制度
仕事の内容に基づいて評価するものです
コンピテンシー制度
高い業績を上げることをできる社員の具体的な行動特性を基準に評価するものです
成果主義、目標による管理制度
社員の行った仕事の実績、成果をもとに評価するものです

実力主義賃金制度のご案内

自社で行う人事制度
社長の悩み・不安
  • 自社の人事制度を見直したいが、方法がわからない
  • 実力主義制度にしたいが、具体的な制度設計方法がわからない
  • 自社社風に合わせた制度にしたい
  • 相談しながらやっていきたい
自社の人事制度はこうなっていませんか?↓

自社の人事制度はこうなっていませんか?↓

1.オリジナリティーを重視します

企業は、業種、業態、歴史、社員の構成等により一様ではありません。 人事制度・労務管理の仕組みは、「制度のための制度」「管理のための管理」ではなく、 経営を支える仕組みとして、それぞれ企業に合ったものを構築し、実施しなければなりません。 大企業向けのパッケージ・システムの押し売りではなく 「仕事」をベースにした制度作り、管理方法を企業とご一緒に作り上げます。

2.仕事をベースにした「実践的成果+プロセス主義」の制度作り

年功的基準は言うまでもなく、能力主義も実態に合いません。かと言って、仕事の 結果のみを問う、「間違った成果主義」でも期待する結果は生まれません。 「仕事のプロセス」や「取り組みの姿勢」「ルール遵守」といった項目も考慮した制度を作ります。

人事賃金制度コンサルティングの流れ

1プレ診断
聴き取り調査を行い、自社人事制度の簡易診断を行います(無料)
2企画書の提出
プレ診断後、コンサルティング全体の企画書を提出いたします
3ご契約・診断
次の5つのテーマ 1.人事制度診断 2.賃金診断 3.労務診断  4.モラールサーベイ・職務適性検査 5.教育・育成・矯正指導体系診断について診断いたします
4診断報告・ご提案
診断報告書を作成し提出いたします
診断結果を踏まえ、コンサルティングの内容及びお見積もり書をご提案いたします
5制度構築
大企業向けパッケージ・システムの押売りではなく、
「仕事」をベースにした制度つくり、管理制度を企業様と一緒に作り上げます
6社員啓蒙
新制度・新ルール説明会・研修・考課者訓練を実施します
マニュアル・ハンドブックを作成します
従業員への説明会を実施します
7移行処理
新賃金制度への移行処理を行います
就業規則・規定・帳票類等の改正・従業員代表の意見徴収・官庁への届け出を行います
8システム構築
自社に合わせたオーダーメイド型人事情報システムを構築します
9最終調整
例外者の対応処理、経営幹部・管理職納得を行い新制度スタートのキック・オフをします