お知らせ

HOME > お知らせ > 4月施行の「改正障害者雇用促進法」について

4月施行の「改正障害者雇用促進法」について

2018.03.01

 今年4月に「改正障害者雇用促進法」が施行される予定となっており、障害者雇用に対する関心は高まっていきそうです。

改正の内容は以下の通りです。

①法定雇用率の引き上げ
 現在、事業主に対して障害者雇用率以上の割合で障害者を雇用することが義務付けられています。今回、民間企業については障害者雇用率が現行の2.0%から2.2%に引き上げられます。尚、施行後5年間(平成30年4月1日~平成35年3月31日)は猶予期間とされています。

②法定雇用率の算定基礎の見直し
 これまで、法定雇用率の算定対象は「身体障害者」および「知的障害者」に限られていましたが、新たに「精神障害者」が追加されます。

| 最新の「お知らせ」へ |