お知らせ

HOME > お知らせ > 「ミニ保育所」の設置・利用要件緩和へ

「ミニ保育所」の設置・利用要件緩和へ

2016.10.12

 政府と東京都が待機児童の解消に向け、保育所の規制を緩和する方向です。
 今後、他の自治体でも参考とされるものと思います。

 具体的な内容としては以下のとおりです。
 ①原則2歳までとされている小規模保育所(ミニ保育所)の年齢制限を撤廃し、
  3歳以上でも利用できるようにする
 ②ミニ保育所の設置基準を緩め、既存の建物の活用を容易にする
 ③企業内保育所に対する固定資産税などの非課税措置の拡充

 依然残る課題として、保育所施設数や保育士の人材確保などが挙げられますが、上記政策が進むことで、共働きでも子育てがしやすくなる環境が整えられていくでしょう。

| 最新の「お知らせ」へ |